*

Vifa TG9FD-10-04

公開日: : 最終更新日:2018/12/06 オーディオ

8cmフルレンジの TG9FD-10-04 です。

ヤフオクでエンクロージャーごと入手したユニット です。

Vifa は 今は Peerless に吸収合併されました。

ですからこのユニットも Peerless ブランドあるいは Tymphany ブランドでも売られています。

輸出先の国で取扱店(代理店)が違うのでブランドネームがまだ統一されずにバラバラなんじゃないでしょうかね。

もともとはデンマーク製です。日本に入っているものは台湾あたりで製造しているのでしょうか。

このユニットの振動板はグラスファイバーを混ぜています。そのためか紙臭さも金属臭さもプラスティック臭さも感じません。

最低一度は販売中止になったようですが、まだ売られています。現行のものはバージョン3 とか。

音はユーロトーンというのが評判でしたが、低音は豊かです。

私の持っているものはバージョン不明で、中高音に少しクセを感じますが、女性ヴォーカルもまずまず聴けます。

クラシック向けだと思っていたのですが、クラシックよりはジャズに合いそうな気がします。

ダブルバスレフの箱に入れ替えてみると低域はさらに立派となりました。うちのスピーカーは低音オバケなものが多いのであまり目立ちませんが、よその家に持っていくとたぶんビックリするはずです。

下はメーカー発表のユニット単体の周波数特性。100-200Hz が豊かなのが低音の表現力を表していますね。

じつに優秀なユニットです。

昔は 2000円くらいで売られていたときもありましたが、現在は在庫が 5000円くらいで売られているようです。

ライバルの SA-F80AMG と甲乙つけがたいですが、ダブルバスレフに入れた分、私は TG9FD-10-04 に軍配を上げます。

SA-F80AMG は短めのバックロードホーンなのが実力を発揮できていない原因かもしれませんが。

ダブルバスレフに入れた TG9FD-10-04ですが、さすがに諫山実生「恋花火」の花火の部分(約50-60Hz)は再生できないようです。

花火のドーンというあたりのスクリーンショットですが、スペアナのバーは左から 50、69、94Hzとなっています。

口径の大きな Alpair7 なら楽々再生できますけど、直径 8cm強だとこのあたりが限界かな・・・OM-MF5 だと結構鳴ったりしますけどね。

関連記事

Vifa TG9FD-10-04 ダブルバスレフ

###

関連記事

SA-S1+G-EX(続き)

    SA-S1+G-EX TA2020高級アンプ空芯コイルSP保護リレー付(琥珀)電源付

記事を読む

no image

Sansui 倒産

* 先月初め、ついにそのときが来た。 山水電気の倒産です。 負債は 2億4765万円。 東証

記事を読む

モニターオーディオ SILVER RX2 うちの優等生

モニターオーディオ シルバーRXシリーズハイグロスブラック【ペア】 SILVER

記事を読む

no image

ちなみに CDプレーヤー

昨日はパイオニア DVDプレーヤー DV-343 の話をしました。 私は CD 専用プレー

記事を読む

Scanspeak 5cm フルレンジ 5F/8422-T03 +バックロード箱(3)

ちょっと色が暗いですが、完成品がこれ(上の写真)。 FE107E の箱とサイズは同じで、ユ

記事を読む

TangBand W3-871SC+バスレフ箱

ユニット W3-871SC が来ました。フレームが円形になっている以外は TangBand 

記事を読む

D-500 エッジ バリバリ

http://audio-heritage.jp/ONKYO/speaker/d-500li

記事を読む

デジタルアンプ AMP-03 V2silver

AMP-03 V2[/caption]  昨日入手したデジタルアンプ AMP-03

記事を読む

【ヤフオク】OM-MF5 バックロードホーン 到着

片方のユニットにヘコミが3ヶ所あるとのことで、安くで落札できました(4200円)。 ユ

記事を読む

SA/F80AMG 到着

  自作用のスピーカーユニット(フルレンジ)では定番中の定番の SA/F80AM

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑