*

街道をゆく 10 羽州街道 佐渡のみち / 司馬遼太郎

公開日: : 読書

街道をゆく (10) 羽州街道・佐渡のみち (朝日文芸文庫 (し1-11)) 街道をゆく (10) 羽州街道・佐渡のみち (朝日文芸文庫 (し1-11))
司馬 遼太郎
朝日新聞社 1983-01
売り上げランキング : 415476
Amazonで詳しく見る by G-Tools

★★★☆☆

司馬遼太郎の「街道をゆく」シリーズの第10巻です。

羽州と佐渡との組み合わせ。

羽州街道篇では山形県の米沢がメインの題材となっています。

米沢

米沢では関ケ原以後の直江兼続にスポットライトが当てられています。

彼の兜の「愛」の字は女好きなのではなく、「愛民」を表しているそうです。

最上川では芭蕉が取り上げられています。最上義光が取り上げられるかと思っていたのですが、かすりもしませんでした。

あとは清河八郎の話が少し。

山形の紅花

山形の特産の紅花については、信長がこの地の白鳥長久という武将に苗を与えたのが気候が合ったのか、殖産に成功したのが始まりとのこと。

「くれない」は「呉の藍」から由来しているのだろうと書かれてあり、一本とられました。

もちろん呉(シナ)から来た染料という意味ですが、それまでは日本には染料は藍しかなかったので、藍イコール染料だったわけ。

紅花が来て別の染料があることを日本人が知ったということですね。

佐渡

佐渡では日本書紀に書かれている「粛慎人(みしはせのひと)」を最初に取り上げ、これは靺鞨のことではないかと推測されています。

佐渡は古くから金山で有名ですが、最初に目につけたのは貨幣経済が発達してからの上杉景勝(たぶん直江兼続)で、領主の本間氏を滅ぼしています。それから秀吉に召し上げられ、家康が大久保長安を送り込んで金山を徹底的に掘りつくしたのですね。

大久保長安以外に川路聖謨(一時佐渡奉行をやっていたことがある)、順徳天皇(佐渡遠流となった)とその皇女の話が出てきます。

知らなかったのは小比叡騒動とその主役の辻藤左衛門の話。

少し知っていたのですが、深く考えていなかったのは、江戸時代は佐渡の金山の人足に江戸に流入してくる無宿人を捕らえて使っていたこと。

無宿人になるプロセス(親族に籍を抜かれる)が悲惨ですし、まだ罪を犯していない段階の無宿人(罪を犯すような狂暴なヤカラは厄介なのでスルー)を3年で全員死ぬと言われる鉱夫に送り込んだのは江戸幕府最大の汚点だと書いています。これがほんとうに謝罪と賠償が必要な所存だと思いますね。

関連記事

 

###

関連記事

学閥支配の医学 / 米山 公啓

学閥支配の医学 (集英社新書) 米山 公啓 集英社 2002-11-15 売り

記事を読む

惨劇の世界史 / 瑞穂 れい子

惨劇の世界史 惨劇の世界史 あまりにも非道すぎる戦慄の歴史物語 瑞穂 れい子

記事を読む

頭のいい人がしている究極の手帳術 / 三谷 樹

頭のいい人がしている究極の手帳術―スケジューリング、ひらめき・アイディア、何

記事を読む

猿屋形(ましらやかた)―鬼悠市 風信帖 / 高橋 義夫

猿屋形(ましらやかた)―鬼悠市 風信帖 (文春文庫) 高橋 義夫 文藝春秋

記事を読む

笑劇―SFバカ本カタストロフィ集

笑劇―SFバカ本カタストロフィ集 (小学館文庫) 岬 兄悟 小学館 2006-

記事を読む

日本のグランドデザイン / 三橋 貴明

日本のグランドデザイン -世界一の潜在経済力を富に変える4つのステップ 三橋 貴

記事を読む

だから日本はズレている (新潮新書 566) / 古市 憲寿

だから日本はズレている (新潮新書 566) 古市 憲寿 新潮社 2014-04

記事を読む

金持ちになる男、貧乏になる男 / スティーブ・シーボルド

金持ちになる男、貧乏になる男 スティーブ・シーボルド 弓場 隆 サンマーク出版

記事を読む

手塚治虫短編集(2)サスピション

手塚治虫短編集(2)サスピション (講談社漫画文庫) 手塚 治虫 講談社 1

記事を読む

嘘だらけの日米近現代史 (扶桑社新書) / 倉山 満

嘘だらけの日米近現代史 (扶桑社新書) 倉山 満 扶桑社 2012-09-01

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

雑学科学読本 文房具のスゴい技術 (中経の文庫) / 涌井 良幸, 涌井 貞美

雑学科学読本 文房具のスゴい技術 (中経の文庫) 涌

仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにできること / 鈴木貴博(5)

仕事消滅 AIの時代を生き抜くために、いま私たちにでき

プロの知的生産術 (PHPビジネス新書) / 内田和成

プロの知的生産術 (PHPビジネス新書) 内田 和成

京都人が書いた「京都」の本 名所・旧跡からお土産・風習まで (PHP文庫) / 京都ゆうゆう倶楽部

京都人が書いた「京都」の本 名所・旧跡からお土産・風習

Fate / Apocrypha 第22話「再会と別離」

今回は珍しくTV アニメの話です。 以前、「空の境界」にハマり、

→もっと見る

PAGE TOP ↑