*

ELEGIANT Bluetooth パワーアンプ ゴールド (2)

公開日: : 最終更新日:2018/09/21 オーディオ

ELEGIANT Bluetooth 2チャンネル パワーアンプ ステレオ スピーカー HI-FI アンプ ゴールド 電源アダプタ付き ELEGIANT Bluetooth 2チャンネル パワーアンプ ステレオ スピーカー HI-FI アンプ ゴールド 電源アダプタ付き
ELEGIANT
売り上げランキング : 1413
Amazonで詳しく見る by G-Tools

★★★★☆(これで文句言ったらバチがあたる)

前回の記事「ELEGIANT Bluetooth 2チャンネル パワーアンプ ゴールド 電源アダプタ付き 」の続きです。

実はすぐに買っていましたが、長く放置しておいたのでどこに行ったか探しておりました。^^

本日発見し、DVDプレーヤーにアナログで繋いでみました。

スイッチオンで最初に外人女性のご挨拶が入るのはご愛嬌。

普通に使えました。音もまずまず。

50W X 2 と大出力なので、よほど低能率のスピーカーでなければこれで十分。

スピーカー端子も金メッキのバナナプラグ対応とゴージャス。

このデジタルアンプ、Bluetooth でもアナログ入力でも使える(排他入力)のですが、Bluetooth は音が悪いのでオススメしません。

アナログ端子はミニジャックなのですが、ちゃんとミニジャックとフルRCA端子のついたステレオケーブルが付属しているのは立派。ミニジャックとミニジャックのついたケーブルも付属。もちろん ACアダプタも付属。

ついていないのはスピーカーケーブル(普通はアンプには付属していません)と USBケーブルくらいか。

USB で接続するためには マイクロUSBケーブルが必要のようです。確かどこかに何本かあったなあ。100円ショップにも売っているし。

50W X 2 と大容量で、ACアダプタも付属して 3500円もしないお値段

アマゾンでベストセラー1位なのも頷けます。

###

関連記事

no image

SA-S1+G-EX TA2020高級アンプ空芯コイル

長らく売り切れ状態だったのが入荷したもようで、早速先ほど注文しました。 電源付き、送料込み

記事を読む

SA/F80AMG 自作スピーカー

  机の上に置いて仕事中に聴くため、耳から 1m以内にあります。 このため低域過多では具合が

記事を読む

ELEGIANT Bluetooth 2チャンネル パワーアンプ ゴールド 電源アダプタ付き

ELEGIANT Bluetooth 2チャンネル パワーアンプ ステレオ スピーカ

記事を読む

TANNOY タンノイ スピーカー Mercury M2 Cherry (2)

* この前、5650円でセリ落とした英国タンノイ製のスピーカー。 前回の記事はこちら ⇒

記事を読む

no image

Sansui 倒産

* 先月初め、ついにそのときが来た。 山水電気の倒産です。 負債は 2億4765万円。 東証

記事を読む

no image

ONKYO Liverpool D-200II 落札

* この前、D-200 のエッジを張り替えたところなんですが、ヤフオクで2代目 D-200

記事を読む

SA-S1+G-EX TA2020 デジタルアンプ到着

  届きました。 新潟県からの発送だったので、雪で遅れるかもと思っていましたが

記事を読む

CHN-70 + バスレフ箱

左のスピーカーが本日製作したもの。 ユニットは、Mark Audio 製 CHN-70 G

記事を読む

真空管アンプ 最近の情勢

アマゾンのオススメメールでこんなのが紹介されてきました。 エレキット 6L6GCシングル真空管

記事を読む

Zensor1 と KOKIA

買っては見たものの、過度の繊細さが気に障ってしばらく部屋の片隅に置いていた DALI Zen

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ネットワーク過剰防衛マニュアル / 網野 嵐

ネットワーク過剰防衛マニュアル posted w

【ふるさと納税】 阪和線485系・683系 プラレールセット

大阪府 泉佐野市に 12000円寄付するともらえます。

交差点についての言葉

今朝シャワーを浴びていてふと考えたことがあります。交差点についての日本

悪あがきを繰り返し 突然死の危機に陥る中国と韓国 / 宮崎正弘, 室谷克実 (2)

悪あがきを繰り返し 突然死の危機に陥る中国と韓国

悪あがきを繰り返し 突然死の危機に陥る中国と韓国 / 宮崎正弘, 室谷克実

悪あがきを繰り返し 突然死の危機に陥る中国と韓国

→もっと見る

PAGE TOP ↑