*

Stereo編 スピーカー工作の基本&実例集 2017年版 特別付録:パイオニア製6cmフルレンジ・スピーカーユニット対応エンクロージュア・キット (2)

公開日: : オーディオ

 

★★★★☆

以前の記事の続きです。

小澤さん設計のエンクロージャーです。

共鳴管方式(QWT方式)と箱に書いてありますが、音道は徐々に広がり最後に開口部にダクトがついています

QWT ではなくバックロードバスレフに似ていますただし、空気室がないのでバックロードではない(ホーンではあるけれど)

共鳴管は音道が断面積一定なのが普通ですが、だんだん絞っていくほうが最大2割ほど共鳴周波数は下げられる(音道の長さが同じ場合)と小澤さんの本にあります。

最後にダクトを付けるのも共鳴周波数をより下げる工夫でしょう。

このエンクロージャーは QWT としていますが、音道が広がっているのが奇異なのです。

絞っていくのがありなら、ホーンのように広げていくのもありなわけでしょうが、同じ容量の箱に収めるのであれば絞っていくほうが音道は長くなります

つまり、音道を広げていくと音道の長さは稼げず、共鳴周波数を下げられないのです。

QWT では音道の長さを L とすると基本共鳴周波数は 85/L(Hz) で、その奇数倍の周波数も増強されます。

たとえば 2.1メートルにすると 40HZ、120HZ、200Hz が増強されます。

音道は 4-5回程度まで折り返しても共鳴効果は比較的保たれます。

このエンクロージャーはどう見ても音道の長さは 70cmもない(65cmくらい?)ように思うので、あれだけの低音が出るのは不思議。

むしろダクトの共鳴で低音を稼いでいるのではないでしょうか(つまりバスレフで、それだとダクト以外の内部の仕切り板は不要になるはず)。

寸法を測ってみると、容積は 2.4リットルくらいで、音道の長さはダクト部分を含めても 65cmくらいであり、基本共鳴周波数は130Hzくらいと計算されます。

バスレフとみなしてダクト共振周波数を計算すると 134Hz

うーん、低音がすごいと感じているのは 100-150Hzの盛り上がりが原因なのかな。

 

 

 

関連記事

###

関連記事

DVDプレーヤー DV-535 2台ゲット

* ヤフオクでパイオニアのユニバーサルプレーヤーを2台ゲットしました。 1000

記事を読む

ELEGIANT Bluetooth 2チャンネル パワーアンプ ゴールド 電源アダプタ付き

ELEGIANT Bluetooth 2チャンネル パワーアンプ ステレオ スピーカ

記事を読む

no image

アンプ4台 ヤフオク

* 先週末から昨日まで中古プリメインアンプ4台をヤフオクでゲット。 ナカミチ2台、ケンウッド1台

記事を読む

no image

デジタルアンプ

デジタルアンプ サイズ デジタルオーディオアンプ 鎌ベイアンプ

記事を読む

DENON SC-E727 vs Kenwood LS-1001

SC-727[/caption] [caption id="" align="alignno

記事を読む

卓上ハイファイステレオシステム

卓上ハイファイステレオシステム  卓上に置いてニアフィールドに音場が展開するゴキゲンなステ

記事を読む

Sansui AU-α607 MOS Premium

* Sansui のアンプの中では 907 シリーズより 607 シリーズの方が躍動感があ

記事を読む

Olasonic USBスピーカー TW-S7(W)

Olasonic USBスピーカー バスパワー 10W+10W TW-S7(W)

記事を読む

TangBand W3-871SC+バスレフ箱

ユニット W3-871SC が来ました。フレームが円形になっている以外は TangBand 

記事を読む

no image

スピーカーの音を無料で格段によくする方法

* 簡単に音をよくする方法としては、「右手を右耳の後ろに、左手を左耳の後ろにあてて、よく耳をす

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

タダより高いものはない / 上念司

タダより高いものはない (イースト新書) pos

本当は恐ろしい江戸時代 / 八幡和郎 (2)

本当は恐ろしい江戸時代 (SB新書) poste

本当は恐ろしい江戸時代

本当は恐ろしい江戸時代 (SB新書) poste

世界は邪悪に満ちている だが日本は…… / 日下公人 高山正之 (2)

世界は邪悪に満ちている だが日本は……。 (WAC

世界は邪悪に満ちている だが日本は…… / 日下公人 高山正之

世界は邪悪に満ちている だが日本は……。 (WAC

→もっと見る

PAGE TOP ↑