*

中国大破綻 / 宮崎正弘

公開日: : 最終更新日:2018/11/19 読書

中国大破綻

中国大破綻

posted with amazlet at 18.11.16
宮﨑 正弘
PHP研究所
売り上げランキング: 548,837

★★★☆☆

2015年1月の本。

プロローグ:未曾有の経済成長と大挫折
第一章:なにが本当の危機なのか
第二章:軍拡が中国を滅ぼす
第三章:社会不安と独裁の限界
第四章:世界から孤立する中国
第五章:道徳が消え、モラルが崩壊した
エピローグ:そして中国から誰もいなくなる

となっており、これでもかこれでもかという不動産投資の失敗の実例が出てきます。このあたりは著者の他の本よりずいぶん詳しいです。

おもしろいのは「嘘」という中国語には日本語の「ウソ」の意味がないというところ。中国語では「詐話」とか「詭話」というらしい。

生まれてから死ぬまでウソをつくのが中国人の DNA とも書いてありますが、隣の国にも同じ DNA があるようで。

陳破空さんの著書には「中国の歴史は正義が悪に勝つことはなく、最後はいつも悪が正義に勝ち」と言い切っておられます。

だから最悪の共産党が現在中国を支配していると著者は言い、その中でも最悪のシュウキンぺーが勝ち残っているのだと。

おかげでどんどん中国が崩壊していっているわけですが、そのうちまた混迷の「世紀末」が彼の地に訪れ、新しい王朝(決して民主主義国家ではない)が生まれるのでしょう。

関連記事

###

関連記事

藤崎竜作品集 1 サイコプラス

藤崎竜作品集 1 サイコプラス (集英社文庫―コミック版) (集英社文庫 ふ 2

記事を読む

日本人は中韓との「絶交の覚悟」を持ちなさい: 石平(中国)が黄文雄(台湾)、呉善花(韓国)に直撃

日本人は中韓との「絶交の覚悟」を持ちなさい: 石平(中国)が黄文雄(台湾)、呉善花(

記事を読む

読書進化論‾人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか / 勝間 和代

読書進化論‾人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか‾ (小学館101新書

記事を読む

すっきりわかった!Linux 使い方から管理まで (NETWORK MAGAZINE BOOKS) / ネットワークマガジン編集部

すっきりわかった!Linux 使い方から管理まで (NETWORK MAGAZI

記事を読む

銀行員は決算書のココを見る! (おカネを借り続けるための裏経営学シリーズ) / 小堺 桂悦郎

銀行員は決算書のココを見る! (おカネを借り続けるための裏経営学シリーズ) 小堺

記事を読む

まずはここから! やさしいドイツ語カタコト会話帳 / 藤井秀男 エルフリーデ赤池

(まずはここから!)やさしいドイツ語カタコト会話帳 藤井 秀男 エルフリーデ赤池

記事を読む

やってはいけない相続対策 (小学館新書) / 大村大次郎

やってはいけない相続対策 (小学館新書) posted with amazle

記事を読む

東京と神戸に核ミサイルが落ちたとき所沢と大阪はどうなる / 兵頭二十八(2)

東京と神戸に核ミサイルが落ちたとき所沢と大阪はどうなる (講談社+α新書) 兵頭

記事を読む

里山資本主義 のうなんかしょう

里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21) 藻谷 浩

記事を読む

バカが多いのには理由がある / 橘 玲

バカが多いのには理由がある 橘 玲 集英社 2014-06-26 売り上げランキ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

上級国民/下級国民 (小学館新書) / 橘玲

上級国民/下級国民 (小学館新書) posted

PIANORIUM (ピアノリウム) / AKIKO GRACE

ピアノリウム posted with amazl

経済で読み解く日本史4 明治時代 / 上念司

経済で読み解く日本史④ 明治時代 posted

経済で読み解く日本史3 江戸時代 / 上念司 (2)

経済で読み解く日本史3 江戸時代 posted

MJ無線と実験 2019年 9月号

MJ無線と実験 2019年 9月号 poste

→もっと見る

PAGE TOP ↑