*

中国、大失速 日本、大激動 世界情勢から見た、日本経済のゆくえ / 宮崎正弘

公開日: : 読書

中国、大失速 日本、大激動 世界情勢から見た、日本経済のゆくえ
宮崎 正弘
文芸社
売り上げランキング: 699,135

★★★☆☆

2016年2月の本。

この頃の世界は信じられないほど無能な一人の男によって激動に陥っていました。

アメリカのオバマの失錯で中東で IS が台頭。ひそかに支援するトルコとそれを利用してシリアの安定を図るロシア。

イランの処遇に対しても無能のオバマがヘタをこき、サウジアラビアのロシア接近、イスラエルの離反を招き、さあタイヘン。

アラブの春は終焉し、イスラム原理主義に回帰したために反アメリカの国々がどんどん増加。

シリア難民はどんどん増加し、EU 諸国に流入。関係のないアフリカ系経済難民もどんどん流入。古い良きヨーロッパはもはや風前の灯火。

全部オバマが悪い。

オバマの無能、無責任を見越して中国が南シナ海に進出。

バルカン半島も火がついたが、正義が踏みにじられるような形でいったん安定に。

プーチンもキンペーももちろん悪いが、この2人に好き勝手にさせたオバマが悪い。

日本はオバマとは仲が悪くほぼ無視に近い扱いだったので、あまり迷惑は蒙りませんでした。民主党政権が続いていたらやばかったですが、目立たず復興することができました。

頑迷な財務省とおバカなマスゴミの妨害がひどかった割にはそこそこうまくいっている・・・少なくとも他の国よりは。

まあ、そんなことが書いてある、いい本です。

今読んでも「分析はそのとおりだった」とわかります。

関連記事

###

関連記事

画像診断2018年4月号 解剖から迫る呼吸器画像診断

画像診断2018年4月号 Vol.38 No.5 画像診断実行編集委員会

記事を読む

気づいた人はうまくいく!―ビジネス・チャンスの見つけ方57 / 阪本 啓一

気づいた人はうまくいく!―ビジネス・チャンスの見つけ方57 阪本 啓一 日本

記事を読む

柔らかい発想―変化する時代を生き抜くヒント / 大前研一

柔らかい発想―変化する時代を生き抜くヒント (PHP文庫) 大前 研一 PHP

記事を読む

月蝕島の魔物 / 田中 芳樹

月蝕島の魔物 (ミステリーYA!) 田中 芳樹 理論社 2007-07 売

記事を読む

城をとる話 (光文社文庫) / 司馬遼太郎

城をとる話 (光文社文庫) 司馬 遼太郎 光文社 2002-11-12 売り上げ

記事を読む

おぼろ探偵帖 / 山田章博

おぼろ探偵帖 (Paper comics) 山田 章博 日本エディターズ 199

記事を読む

子どもにウケる科学手品77―簡単にできてインパクトが凄い (ブルーバックス) / 後藤道夫

子どもにウケる科学手品77―簡単にできてインパクトが凄い (ブルーバックス) 後藤

記事を読む

儲け脳”のつくり方 / 高木 雅邦

“儲け脳”のつくり方 高木 雅邦 エイチアンドアイ 2005-09 売り上げラ

記事を読む

経済で読み解く大東亜戦争 / 上念 司

経済で読み解く大東亜戦争 上念 司 ベストセラーズ 2015-01-24 売り上

記事を読む

新・資本論 僕はお金の正体がわかった (宝島社新書) / 堀江 貴文

新・資本論 僕はお金の正体がわかった (宝島社新書) 堀江 貴文 宝島社

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

上級国民/下級国民 (小学館新書) / 橘玲

上級国民/下級国民 (小学館新書) posted

PIANORIUM (ピアノリウム) / AKIKO GRACE

ピアノリウム posted with amazl

経済で読み解く日本史4 明治時代 / 上念司

経済で読み解く日本史④ 明治時代 posted

経済で読み解く日本史3 江戸時代 / 上念司 (2)

経済で読み解く日本史3 江戸時代 posted

MJ無線と実験 2019年 9月号

MJ無線と実験 2019年 9月号 poste

→もっと見る

PAGE TOP ↑