*

中国、大失速 日本、大激動 世界情勢から見た、日本経済のゆくえ / 宮崎正弘

公開日: : 読書

中国、大失速 日本、大激動 世界情勢から見た、日本経済のゆくえ
宮崎 正弘
文芸社
売り上げランキング: 699,135

★★★☆☆

2016年2月の本。

この頃の世界は信じられないほど無能な一人の男によって激動に陥っていました。

アメリカのオバマの失錯で中東で IS が台頭。ひそかに支援するトルコとそれを利用してシリアの安定を図るロシア。

イランの処遇に対しても無能のオバマがヘタをこき、サウジアラビアのロシア接近、イスラエルの離反を招き、さあタイヘン。

アラブの春は終焉し、イスラム原理主義に回帰したために反アメリカの国々がどんどん増加。

シリア難民はどんどん増加し、EU 諸国に流入。関係のないアフリカ系経済難民もどんどん流入。古い良きヨーロッパはもはや風前の灯火。

全部オバマが悪い。

オバマの無能、無責任を見越して中国が南シナ海に進出。

バルカン半島も火がついたが、正義が踏みにじられるような形でいったん安定に。

プーチンもキンペーももちろん悪いが、この2人に好き勝手にさせたオバマが悪い。

日本はオバマとは仲が悪くほぼ無視に近い扱いだったので、あまり迷惑は蒙りませんでした。民主党政権が続いていたらやばかったですが、目立たず復興することができました。

頑迷な財務省とおバカなマスゴミの妨害がひどかった割にはそこそこうまくいっている・・・少なくとも他の国よりは。

まあ、そんなことが書いてある、いい本です。

今読んでも「分析はそのとおりだった」とわかります。

関連記事

###

関連記事

「10分刻み」ニッチタイム(すきま時間)超勉強法 / 中島孝志

「10分刻み」ニッチタイム(すきま時間)超勉強法 (講談社ニューハードカバー)

記事を読む

変見自在 サダム・フセインは偉かった (新潮文庫) / 高山正之

変見自在 サダム・フセインは偉かった (新潮文庫) posted with a

記事を読む

私の生活流儀 / 本多 静六

私の生活流儀 本多 静六 実業之日本社 2005-07-10 売り上げラン

記事を読む

ブログを本にする本―逆説!ブログの使い方 / 佐藤 英典

ブログを本にする本―逆説!ブログの使い方 (本作りマニュアルシリーズ) 佐藤

記事を読む

戦国大名の四天王烈伝 / 『歴史読本』編集部

戦国大名の四天王烈伝 (新人物往来社文庫) 『歴史読本』編集部 新人物往来社

記事を読む

地デジ・BS/CSが録り放題になる本 (三才ムック vol.545) / ラジオライフ編集部

地デジ・BS/CSが録り放題になる本 (三才ムック vol.545) ラジオライフ

記事を読む

いきなり最終回

いきなり最終回 いきなり最終回―名作マンガのラストシーン再び (1

記事を読む

落ちたリンゴを売れ!~成功者が密かに実践する「生き方のルール」~ / 箱田忠昭

落ちたリンゴを売れ!~成功者が密かに実践する「生き方のルール」~ 箱田 忠昭 フ

記事を読む

小さな会社が一瞬で顧客とキャッシュをつかむ5つの成功戦略

  原題は「Instant Income」、邦題が「小さな会社が一瞬で顧客とキャッシュをつ

記事を読む

植物は不思議がいっぱい―自然を楽しむやさしい生態学 (PHP文庫) / 春田俊郎

  植物は不思議がいっぱい―自然を楽しむやさしい生態学 (PHP文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【ふるさと納税】ふじりんごとラ・フランスセット 約5kg / 山形市

【ふるさと納税】FY18-03

FXじゃなくても24時間、世界中に投資できる〜GIT(海外指数先物取引)のススメ〜 / 橋本清志

★☆☆☆☆(わざわざ買うまでもない本) 著者はトレーダー

久々の回線トラブル

今朝早起きして残した仕事を片付けてから出勤しようと思ったら、自宅の P

孫へのクリスマスプレゼント

  うちには男と女の孫が1人ずついますが、4歳

2億円と専業主婦 / 橘玲 (2)

★★★★☆(おもしろい) 前回の記事「2億円と専

→もっと見る

  • 2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑