*

中国、大失速 日本、大激動 世界情勢から見た、日本経済のゆくえ / 宮崎正弘

公開日: : 読書

中国、大失速 日本、大激動 世界情勢から見た、日本経済のゆくえ
宮崎 正弘
文芸社
売り上げランキング: 699,135

★★★☆☆

2016年2月の本。

この頃の世界は信じられないほど無能な一人の男によって激動に陥っていました。

アメリカのオバマの失錯で中東で IS が台頭。ひそかに支援するトルコとそれを利用してシリアの安定を図るロシア。

イランの処遇に対しても無能のオバマがヘタをこき、サウジアラビアのロシア接近、イスラエルの離反を招き、さあタイヘン。

アラブの春は終焉し、イスラム原理主義に回帰したために反アメリカの国々がどんどん増加。

シリア難民はどんどん増加し、EU 諸国に流入。関係のないアフリカ系経済難民もどんどん流入。古い良きヨーロッパはもはや風前の灯火。

全部オバマが悪い。

オバマの無能、無責任を見越して中国が南シナ海に進出。

バルカン半島も火がついたが、正義が踏みにじられるような形でいったん安定に。

プーチンもキンペーももちろん悪いが、この2人に好き勝手にさせたオバマが悪い。

日本はオバマとは仲が悪くほぼ無視に近い扱いだったので、あまり迷惑は蒙りませんでした。民主党政権が続いていたらやばかったですが、目立たず復興することができました。

頑迷な財務省とおバカなマスゴミの妨害がひどかった割にはそこそこうまくいっている・・・少なくとも他の国よりは。

まあ、そんなことが書いてある、いい本です。

今読んでも「分析はそのとおりだった」とわかります。

関連記事

###

関連記事

街道をゆく〈26〉嵯峨散歩、仙台・石巻 (朝日文庫) / 司馬 遼太郎 (2)

街道をゆく〈26〉嵯峨散歩、仙台・石巻 (朝日文庫) 司馬 遼太郎 朝日新聞社

記事を読む

理系思考 / 元村有希子

理系思考 元村 有希子 毎日新聞社 2007-10-27 売り上げランキン

記事を読む

心神喪失と心神耗弱

現代日本の問題集 (講談社現代新書) 日垣 隆 講談社 2004-06

記事を読む

知らないと恥をかく世界の大問題 / 池上 彰

知らないと恥をかく世界の大問題 (角川SSC新書) 池上 彰 角川SSコミュ

記事を読む

見かけがすべての韓流 ──なぜ、大統領までが整形するのか / 呉 善花 (2)

見かけがすべての韓流 ──なぜ、大統領までが整形するのか (WAC BUNKO 16

記事を読む

~黄文雄(台湾)が呉善花(韓国)、石平(中国)に直撃~ 日本人は中国人・韓国人と根本的に違う

~黄文雄(台湾)が呉善花(韓国)、石平(中国)に直撃~ 日本人は中国人・韓国人と根本

記事を読む

日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル / 橘 玲

日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル 橘 玲 ダイヤモンド社 2

記事を読む

唐沢先生の雑学授業

唐沢先生の雑学授業 唐沢先生の雑学授業 (二見文庫) 唐沢 俊一 おぐり ゆか

記事を読む

SEO「検索エンジン最適化」の教科書 / 吉村 正春

SEO「検索エンジン最適化」の教科書―Yahoo!・Google対策から、SEM

記事を読む

街角のタバコ屋はなぜ営業を続けられるのか? / 神樹 兵輔

街角のタバコ屋はなぜ営業を続けられるのか?―日常生活に密着した経済のしくみとカラ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

MX-17.1_October を試用してみた

MX という linux 以前 MX17 は試用した記事(MX-17

ファースト・サークル / パット・メセニー・グループ

ファースト・サークル(紙ジャケット仕様) pos

アマゾンサイバーマンデーで衝動買い Fire HD 10

Fire HD 10 タブレット (10インチHD

Windows10って使う意味あるの

Windows10 が今年10月の更新でやらかした問題は結構重大でした

【膝関節のMRI】 Cyclops病変

今日は久々に膝関節の MRI 診断の話。 前十字靭帯断裂術後に、

→もっと見る

  • 2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑